2015/11/24

Learn from seniors, study from juniors

今朝のカーディフ -1℃
とクラスメイトが言っていた。確かに、空気が一気に冷たくなってきているけど、そこまで低かったのか?でも週末は初雪を見た。冬が来た。最近、ダンゴムシのように丸くなっている。頭も。

土日はイギリス代表稽古会。


打って勝つ、それも確かに勝ちは勝ち。ただ、本当に相手の心を動かせたか、虚をいつけたのか。

「打って勝つな、勝って打て」
 
打って満足するのではなく、そこで反省し、さらに工夫する。打たれたのなら、自分のだめなところを気付かせてくれたことに「ありがとう」と感謝する。

「打って反省、打たれて感謝」
 
この気持ちがないと、オレオレ剣道になる。試合には勝つかもしれない、でも、それでいいのかと。
どのスポーツ武道もそうかもしれないが、剣道は性格がもろに出る。

「剣は心なり 心正しからざれば 剣また正しからず
剣を学ばんと欲するものは まず心より学ぶべし」
                              島田虎之助
 
初めてもらった手ぬぐいに「剣は人なり、人は剣なり」?のような言葉が書かれていた気がする。僕の師匠たちも、剣道する以前に私生活から、身の回りからと。そのような何気ない日常の積み重ねが稽古に試合に出てくる。良い方にも悪い方にも。
 
上から「習い(見る、聞く、真似る)」、下から「学ぶ」


0 件のコメント:

コメントを投稿